再建50周年実行委員会 事業計画

 平成29年6月28日に当会再建50周年を迎えるにあたって、当会の存在意義を会員一人一人が再認識し、次代へ繋いでいくことを目的として、以下の記念事業を実施します。

テーマ「絆」

 先輩方から連綿と続く「絆」があって、現役会員は活動をさせてもらっています。
 この再建50周年は現役会員だけのものではなく、50年間のそれぞれの年代で活躍された先輩方のものでもあるという意識を持つこと、現役会員の絆、全国各地の青年神職達との絆など、様々な絆が当会の活動原動力であることを再確認できるよう記念事業を取り進めます。

1.先賢者慰霊祭並再建50周年奉告祭斎行【兵庫神青の「絆」】

 第50回定例総会開催に合わせて、当会再建設立の場所である湊川神社神能殿にて先賢者慰霊祭並再建50周年奉告祭を斎行します。
 奉納行事として、神職子弟による童舞を奉奏し、先賢者の御霊、先輩方、現役会員、そして次世代の絆を結ぶ機会とします。

2.大東亜戦争終結70年記念冊子発行【御英霊との「絆」】

 平成27・28年度に執り行う大東亜戦争終結70年関連事業の記録と考察を一冊に纏め、資料として次世代に残します。

3.星廻宮神社遷座祭奉仕【被災県の「絆」】

 兵庫県より福島県へ社殿移設した星廻宮神社の遷座祭を福島県神道青年会と共に奉仕し、地域の復興を支援します。

4.再建50周年記念式典の実施

 平成29年6月28日に、多数の青年神職が一同に会し、また先輩方の御臨席のもと、当会が新たな一歩を踏み出すべく節目の記念式典を実施します。

5.再建50周年記念講演会の実施

 記念式典開催と同日同会場にて、記念講演会を実施します。

6.再建50周年記念誌の発行

 当会50年の歩みと受け継がれた思いを次世代へ繋ぐべく、記念誌を発行します。

7.その他

 目的を達成するために必要となる事項を実施します。